内向的でも英会話は習得できる?おすすめの学習法と方向性

内向的でも英会話は習得できる?おすすめの学習法と方向性
         
   

内向的でも、英会話は習得できるのか?内向的だと、人と関わらない分、習得できないんじゃないか?

そう不安に思う方のために、内向的でも、ある程度英会話を習得できた、おすすめの学習法と方向性をご紹介します。

関連記事:内向的と外向的の特徴一覧

 

内向的でも英会話は習得できるのか?

当メディア運営者の私は、遺伝子検査の結果、内向的だと発覚しています。

外向性
出典:GeneLife Myself2.0

 

私自身は、英会話スクールで週1回50分を約6ヶ月、英会話カフェで週4回60分を約4ヶ月学んでいました。

その他、アプリで英単語や文法などを自習したり、外国人が集まる交流会や、イベントなどに参加して英会話のトレーニングをしていました。

 

その結果、さすがにネイティブ・レベルでペラペラ話せるわけではありませんが、簡単な英単語やフレーズである程度は会話ができるようになりました。

また、海外旅行に行った時も簡単な英単語や、英会話フレーズでやり取りができたため、空港や観光地でとても助かりました。

 

しかし、やはり内向的である分、社交性が低く、英会話をトレーニングできる回数が少なくなります。

そこで、私自身は英語学習に関して、以下のような戦略と方向性にする事にしました。

 

内向型向け英会話のおすすめ学習法と方向性

内向的な人は、社交的でない分、人と会話する回数が少なく、グループトークなども苦手な傾向があります。

ただし、一人の時間を楽しめたり、文章が得意な傾向があるため、以下のような方法や方向性で考えるようになりました。

 

  1. 人と関わる必要のない、英会話アプリで学ぶ
  2. 教わりたい場合は、グループではなく、マンツーマンレッスンにする
  3. 方向性を変えて、英会話よりも英語ライティングを伸ばす

 

そもそも、社交性が低く、あまり人と関わらないのであれば、英会話ではなく、英語の読み・書きの方を伸ばしてしまおうという考えです。

もし、英会話自体を伸ばしたい場合は、直接人と関わらなくとも、アプリで英会話のトレーニングをする事ができます。

 

どうしても人から教わりたい場合は、グループレッスンではなく、マンツーマンのスクールかオンライン英会話の方が、内向型の人には向いていると思います。

 

内向型向け英会話のおすすめアプリとサービス

ここでは、実際に私が使ったり体験した、おすすめのアプリやサービスをご紹介します。

やはり、内向的な人の場合、どちらかと言うと、対面せずに一人で学ぶ方が向いていると思います。

 

スタディサプリENGLISHシリーズ

【スタディサプリEnglish】2020年CM「1回3分全部できる篇」

以前使って良かったのが、リクルートのスタディサプリENGLISHシリーズです。

英語資格のTOEICを対策するコースもありますが、日常英会話とビジネス英語のコースは、ドラマ・ゲーム形式で、リスニングとスピーキングの練習ができるようになっています。

また、英語講義もあり、少しずつステップアップしながら学べるため、アプリ自体の評判も良いです。

こちらは、目的別にコースやプランが複数あります。

 

HiNative Trek

HiNative Trek Introduction

また、英語ライティングに力を入れたい場合は、英文を添削してくれるサービスとして、HiNative Trek(ハイネイティブ・トレック)があります。

こちらは日常英会話ではありませんが、ビジネス英語とIT英語を学べるサービスにになってます。

英文だけでなく、音声も講師が添削してくれますので、総合的な英語学習をする事ができます。

スマホだけで学習を完結できますので、内向型でも人と関わらずに英会話を学ぶ事ができます。

HiNative Trek

     
 

フォローする

 twitter facebook

シェアする