HSPって何?周囲の刺激に敏感で疲れやすい?

  • 2020.01.16
  •          
  • HSP
HSPって何?周囲の刺激に敏感で疲れやすい?
         
   

HSPって何なのか?

プログラミングのツールでもHot Soup Processer、略してHSPというものがあるそうですが、この記事では、周囲の刺激に敏感な「HSP」という人達についてお伝えします。

 

ちなみに、著者の私も、HSP診断をしたところ、27項目中21点当てはまり、HSP確定です。

 

HSPに関する参考サイトと書籍

この記事のHSPについては、以下のウェブサイトと書籍を参考に掲載しています。

  1. The Highly Sensitive Person
  2. 感受性の強い人が秘めている力 | エレナ・ ハーデッカーホフ | TEDxIHEParis
  3. 鈍感な世界に生きる 敏感な人たち イルセ・サン 著
  4. 過敏で傷つきやすい人たち 岡田尊司 著
  5. 「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる 「繊細さん」の本 武田友紀 著

 

HSPって何なのか?

HSPとは、Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)の略語で、一言でいうと周囲の刺激に敏感な人の事を指して言います。

また、子供の場合は、Highly Sensitive Child(ハイリー・センシティブ・チャイルド)と表現し、略語はHSCと表記されます。

 

これらは心理学者でセラピストである、エレイン・アーロンさんが提唱した概念です。

HSP自体は、病気ではなく、精神医学の用語でもないそうです。

 

HSPは、具体的に以下のような点で敏感です。

  1. 人の感情
  2. 匂い
  3. 触感
  4. 痛み
  5. カフェイン

…など。

 

また、特徴としては、以下のような面があります。

  • 敏感なため、疲れやすい
  • 感受性が豊か
  • すぐにビックリする
  • 良心的
  • 想像力が高い
  • 微妙な環境の変化に気づく

…など。

HSPの方は、これらの特徴から、社会で生きづらさを感じやすい傾向があります。

 

私の場合は、人の感情・音・匂い・痛みに敏感で、不特定多数の人と関わったり、東京都の中心部にいるだけで疲れ果ててしまいます。

 

HSS型HSPって何なのか?

通常のHSPの他に、刺激追求型HSPという人達もいます。

刺激追求型の事を、英語でHigh Sensation Seeking(ハイリー・センセーション・シーキング)と言って、略語はHSSとなります。

そのため、このタイプの人を、HSS型HSPと言います。

 

HSS型HSPの方の特徴としては、以下のようなものがあります。

  • 好奇心旺盛
  • 同じ場所より、今までに行った事のない場所へ行きたい
  • 意外な事をする友達が好き
  • スリルのある遊びやスポーツをしたい
  • 旅行へ行くなら海外へ行きたい
  • 同じ映画を2回は見る事は少ない
  • 毎日同じ人と一緒にいると飽きる

 

このように、好奇心旺盛なのにも関わらず、周囲の刺激に敏感な人達の事を言います。

 

もし、HSPで疲れやすい…とか、ツライ…という方は、有名なオンライン・カウンセリングでcotree(コトリー)というサービスもありますので、一度チェックしてみてください。

 

cotree:しなやかなこころを育てるオンラインカウンセリング

オンラインカウンセリングのcotree

 

関連記事:HSPの疲れの取り方と予防法 五感・仕事・人間関係の3項目別

     
 

フォローする

 twitter facebook

シェアする